認定こども園 野田学園幼稚園

園長あいさつ

園長近影

 野田学園幼稚園は平成27年4月から認定こども園になり、平成29年4月には乳児部「のだがくえんようちえん0・1・2」をスタートさせました。これまでに培ってきた幼児教育のノウハウを生かして、0歳児から5歳児までの発達段階に応じた乳児保育と幼児教育に取り組んでいます。

 私たちの園のよいところは、一人一人の子どもたちを大切にしていることです。「一人一人を大切に」とは、子どもの思いを保育教諭がしっかりと受け止め、活動に生かしながら、自信がもてるように育てていることです。少しずつその効果は、日常の遊びの中でどうしたらいいかを友だちと話し合ったり助け合ったりできるようになり、どんどん表れてきます。子どもたちの年齢の差こそあれ、友だちと積極的に関わる力が育っていることはどの子も同じなのです。

 私たちは子どもたちに自分自身を大切に思う気持ちを育て、将来前向きな考え方のできる人に育つよう願っています。

認定こども園とは?

認定こども園イメージ

 認定こども園とは、従来の「幼稚園」と「保育園」の機能をあわせもった総合施設です。「幼稚園児」「保育園児」どちらのタイプの子どもたちも一緒に過ごしながら、ともに成長する場所です。
 本園は、幼稚園型認定こども園で、特に、教育の部分を大切にしながら、「幼稚園」と「保育園」の良いところを活かし、子どもたちの「教育」「保育」を総合的に提供します。また、平成29年度より乳児保育施設を新設し、0歳からの受入を開始しました。
 利用するためには、子どものための教育、保育給付にかかる「認定」を受けます。認定には3つの区分があります。

認定区分

1号認定 教育標準時間認定 満3歳以上で教育を受ける子ども
2号認定 保育認定 満3歳以上で「保育に必要な事由」に該当し保育を必要とする子ども
3号認定 保育認定 満3歳未満で「保育に必要な事由」に該当し保育を必要とする子ども

※「保育に必要な事由」とは、就労や出産、保護者の疾病等です。

「1号認定こども」には、幼稚園教育時間の終了後、預かり保育(なかよし時間)という形で保育園的な役割を果たします。「認定こども園」の良いところは、入園したあとからでも1号から2号、2号から1号への変更ができるところです。

教育目標

みんな なかよく げんきに やりぬこう

乳児部 教育具体目標

一人一人の生活のリズムをつかみ、個人差を大切にするとともに、友だちと関わりたいとういう心情を育てる


めざす乳児像

  1. 欲求が満たされ、情緒が安定した子ども
  2. 身のまわりのことを自分でしようとする子ども
  3. 生活やあそびを通して、ルールや順番があることをわかる子ども
  4. 体を動かすあそびを楽しむ子ども
  5. 人や物への関心を広げられる子ども

次へ

幼児部 教育具体目標

一人一人のよさをのばし、個性を大切にするとともに、生命の大切さを感受し、優しさと思いやりの心を育てる


めざす幼児像

  1. 自然や美しいものに目を向け、感動する子ども
  2. 友だちと遊ぶ中で、学びを深められる子ども
  3. 安全・生活・社会のルールを身につけた子ども
  4. 力いっぱい体を動かし、元気に遊ぶ子ども
  5. 失敗にくじけず、何事にもやる気を持つ子ども

教職員の基本姿勢 ~5つの具体的アクション~

教職員イメージ

  1. ひざまづいて抱きしめる
  2. 目をよく見て話をよく聞く
  3. 笑顔とほほえみで話しかける
  4. よいところをほめる
  5. 励ましや元気づけの言葉がけをする

ロゴマーク おおきなおみみ

ロゴマークイメージ

幼稚園では、園の教育目標(願い)やイメージをロゴマークで表現しています。
「こんな幼稚園を実現したい」という夢を「おおきな おみみ」という詩に託しています。本園の教育目標「みんな なかよく げんきにやりぬこう」を含めた、みんなの合言葉としています。

おおきなおみみ

作詞:野田学園幼稚園 教職員 作曲:ちひろ

にんじんいろは げんきのしるし にこにこえがおが あつまるよ
にんじんいろは なかよしのいろ やさしいこころで あふれてる
にんじんいろは あたたかい おおきなおひさま かがやくように
にんじんいろは おみみのかたち みんなのきもちを よくきくおみみ
おおきなおみみは のだがくえんようちえんのおみみだよ
みんなの みんなの おみみだよ

なかよし 0・1・2~りんごのもりのなかまたち~

作詞:野田学園幼稚園 教職員 作曲:ちひろ

りんごのもりの トンネルくぐれば
おひさまキラキラ みんなにこにこ あったかい
ひよこさん りすさん ねこさん
みんな なかよく あそぼうね
げんきに すくすく おおきくなあれ
りんごのもりの なかまたち

沿革

昭和27年 幼稚園設置認可(1、2年保育)野村和男園長就任
昭和30年 御幸小路に園舎新築
昭和31年 管理室増築
昭和39年 保育室増築落成(137.5㎡)
昭和41年 遊戯室増築
昭和42年 3年保育開始、創立15周年記念式挙行
昭和52年 創立25周年記念式典を行う(11月22日)
昭和54年 幼稚園園舎(現園舎)落成竣工式を行う(2月19日)
昭和55年 運動場整備完了(3月21日)
昭和58年 運動場拡張工事完了(7月5日)
平成2年 幼稚園多目的ホール(現・子育て支援センター)新築
平成6年 野村ます子園長就任(12月1日)
平成9年 幼稚園創立45周年記念式典を挙行、45周年誌発行(5月29日)
平成14年 幼稚園園舎増築(3月12日)
三輪敞子園長就任(3月1日)
幼稚園創立50周年記念式典を挙行(5月31日)
見好豊園長就任(9月1日)
平成19年 第1回山口県総合芸術文化祭子ども夢プロジェクト大発表会に参加(11月11日)
平成23年 優良PTA文部科学大臣表彰受賞。第66回国民体育大会開会式オープニングイベントに参加
平成24年 創立60周年記念式典を挙行
平成25年 有馬重人園長就任(4月1日)
平成27年 認定こども園 野田学園幼稚園として認可を受ける
平成29年 乳児施設「のだがくえんようちえん0・1・2」、子育て支援センター「たまごのおうち」を整備
0歳児、1歳児保育を開始

ページトップに戻る