のだがくえんようちえん0・1・2

ようちえん0・1・2のイメージ

のだがくえんようちえん0・1・2とは?

「のだがくえんようちえん0・1・2」では、子どもの成長を第一に考えて丁寧に育児をしていきます。それは、発達段階を充分考慮しながら、一人一人の子どもを大事に見ていくことです。
子どもは、自分のありのままが受け止められて、自分の思いを待ってくれる優しい保育者に支えられる事で、豊かなあそび、豊かな育ちが保証されるのです。そうした日々の積み重ねが自分からやってみようと言う気持ちの芽生えにつながり、自立に向かって安心した園生活を送れるように保護者との連携をはかりながら保育の方向性を考えています。
乳幼児期にいかに大切にされて過ごしたかがその後の子どもの人生を大きく左右すると言われております。0歳からの育ちをしっかり幼児につなげ、主体的な子どもの育成を目指します。

居心地のよい空間と、あたたかな眼差しの中で、
「やってみたい!」が叶う毎日を過ごします。

じっくりあそぶ
保育室に準備されている五感を刺激するおもちゃや手指を使うおもちゃは、脳に働きかけ様々な発達を促します。子どもたちは、あそびの中で友だちとの関わり方を学び、創造する力や表現する力を身につけます。
たっぷり食べる
地域の方とのつながりを大切にした安心で安全な食材を仕入れ、素材の味を生かして、一人一人の発達段階に応じた食事の提供をしています。食べる意欲を持ち、食べることが大好きな子どもに育ちます。
すっきり出す
「気持ちがいいね」と丁寧に声をかけてもらいながらおむつ交換を行い、排泄後はやわらかい布タイプのおしりふきできれいに拭きあげをします。“心地いい”という感覚は、早期自立へと促していくと考えます。
ぐっすり眠る
あそびと食事で心と体を満たされた子どもから、自然な睡眠へと向かいます。0歳児は乳児用ベッド、1・2歳児は簡易ベッド“コット”を使用し、衛生的な環境の中でそれぞれの睡眠リズムに合わせて体を休めます。

0・1・2の保育体制

 本園は、特定の子どもを特定の保育教諭が見る『担当制』をとっています。
 担当制は子どもの内面を支えることに適しており、情緒の安定につながります。保育教諭が子どもの発達段階や家庭での生活リズムなどを把握した保育を行うことで、より信頼関係を深め、身辺自立を促すことができると考えています。
 0歳児クラスと1歳児クラスは完全なる担当制を、2歳児クラスは幼児部への進級を考慮し、緩やかな担当制をとります。

クラス編成

年齢 0歳児 1歳児 2歳児
組名 ひよこ こりす り す ね こ

施設紹介

  • 保育室のイメージ
  • 保育室のイメージ
  • 保育室のイメージ

"自分"を伸ばす、あそびがつまった保育室

  • 廊下のイメージ
  • ひみつのしかけのイメージ
  • 五感を刺激するイメージ

光を感じる環境と五感を刺激する"ひみつのしかけ"

  • トイレのイメージ
    自立を促す衛生的なトイレ
  • 中庭のイメージ
    0・1・2専用の安全な中庭
  • キッチンのイメージ
    "食"を支えるキッチン

デイリープログラム

下記の表は、一つの目安です。担当制では一人一人の生活リズムを大切にするため、時間は一人ずつ異なります。

デイリープログラム

行事予定

4月 入園式
5月 ☆PTA総会
親子内科健診
6月 歯科検診
9月 ☆幼稚園バザー
10月 ☆運動会
11月 親子給食日(2歳児クラスのみ)
12月 クリスマス会
1月 内科健診
2月 生活発表会(2歳児クラスのみ)
3月 ☆ひなまつり

※☆印の行事は、幼児部と合同で行います。

家庭との連絡

  • 1か月に一度「園だより」を配布しています。
  • 連絡アプリ(全員登録、携帯電話によるお知らせメールサービス)を利用しています。「欠席」の連絡を専用アプリにて24時間行うことができます。また、日々の食事についてのお知らせ「キッチンメール」や、緊急時に迅速に対応できる緊急連絡メールを保護者の方にお送りします。
  • 0、1歳児は「生活ノート」、2歳児は「連絡ノート」を通して、保護者と保育教諭の連携を密にとっています。ノートには、その日の生活の流れや家庭・園での様子を記録し、子どもたちの日々の成長を共有します。

ページトップに戻る