MENU

学校について

中学・高等学校

高等学校

その他のご案内

お知らせ等

中学・高等学校
教育の特色、取り組み

NODAメソッド

中高一貫教育とは中学課程と高校課程の6年間を一体としてとらえ、継続的に体系的な学習ができる教育システムです。学年ごとに個性的で柔軟なカリキュラムを組み、子どもの個性や能力を伸ばしながら、高い学力を身につけることができる点が魅力です。
また、野田学園では、学力だけでなく「高い知性」「豊かな感性」「さわやかな品性」を育むことを目標とし、教養や人間性の教育にも力を入れています。

基礎力養成期

画像:養成期イメージ

1年次:自分の発見→2年次:個人と社会

  • 学習習慣の確立・定着
  • 学習方法の習得
  • 基礎・基本の徹底

志望大学や将来に向け今から準備ができる

将来に向けて、中1から真剣に取り組んでいける環境が整っていて、先生方もしっかりサポートしてくださると聞き、入学しました。校内で気に入っているのは「勉強のための空間」iRoomです。みんなが頑張っているのを見て、自分も頑張ろうと強く思えるようになりました。けじめと責任を持ち、一瞬一瞬を全力で過ごし、何にでも挑戦していきたいと思っています。

画像:学生イメージ

一貫部1年(明倫小出身)

興味をひく授業内容で基礎・基本の定着

河本 順康先生 一貫部2年 担当

6年制一貫教育は、大学受験に向けた勉強に、効率的に取り組めるという強みがあります。勉強に真剣に向き合いながらも生徒たちの雰囲気はいつもなごやかです。私は数学を担当していますが、生徒が自分で考える時間を作ること、生徒がワクワクするような授業を心がけています。

画像:教諭イメージ

実力練成期

画像:実力練成期イメージ

3年次:適性の探究→4年次:文理の決定

  • 基礎的知識の応用・発展・深化
  • 科学的・論理的思考力の習得
  • 得意科目の伸長と不得意科目の克服

6年という期間で育まれる一生の友

高校受験がないのでゆとりを持って学習できます。ICT機器やiRoomなどで学習意欲が高まり、楽しく勉強できるようになりました。わからないことは放課後に先生が親身になって指導してくださいますし、友人とも教え合い高めあえる環境です。また学園外での活動も多く、感性を磨くことができます。充実した環境に感謝し、次世代のリーダーになるという自覚を持って精進したいです。

画像:学生イメージ

一貫部3年(中関小出身)

時代の変化に柔軟に対応する学習の取り組み

山本 桃子先生 一貫部 3年担当

社会や理科の授業は、あえて進む速度にゆとりをもたせ実験やグループでの課題解決など演習の時間を多く設定した授業をおこなっています。生徒は活気の中にも落ち着いた雰囲気で一生懸命学習に取り組んでいます。時代の変化に即応した、常に先を見た教育。これは私立ならではのメリットです。

画像:教諭イメージ

実践力完成期

画像:実践力完成期イメージ

5年次:志望校の決定→6年次:夢の実現

  • 学習の総合化
  • 得意科目のさらなる伸長・充実
  • 進学目標突破への準備

確かな成長を感じられる6年間

一方通行の授業ではなく、みんなで話し合って答えを導き出すアクティブラーニングがおもしろいです。そういった特長ある授業により、入学した頃に比べ、周りの意見や気持ちを考えた言動ができるようになりました。スタディスペースで、放課後に友達と勉強を教え合うことにより興味や意欲が増し、自ら進んで学習するようになりました。卒業までしっかり学んでいきたいと思います。

画像:学生イメージ

一貫部6年(平川小出身)

明確な目標設定と真剣に取り組む姿勢

高田 裕治先生 一貫部 5年担当

5年生を担当していますが、少人数のハイレベルな授業が特徴だと思います。また、野田学園は進学実績に裏付けられた進路指導のノウハウを持っており、生徒の希望に応えていけるのが強みです。生徒はどんな学校行事にも全力で取り組み、団結力があり、笑顔が絶えません。

画像:教諭イメージ