理事長・校長挨拶

理事長挨拶

本校は1877(明治10)年の創立以来、時代の変化に対応しながら発展を遂げてきました。

数年後には150周年を迎えますが、変わらず継承されているものの一つとして、「誠実」「感謝」「勤労」の校訓に象徴される徹底した人間教育が挙げられます。また明治初頭、いち早く女子教育の重要性に気づき学校設立を果たした創立者の先見性やチャレンジ精神は、野田学園のDNAとして受け継がれており、今なお、教育ニーズに即したコースの設置、ICTやアクティブ・ラーニングを取り入れた先進的な授業の推進をはじめとする学校改革や、全国規模のコンクールなどへの積極的参加という形で体現されています。

今後も本校は、授業の習熟度・進路希望・性格など、「生徒一人ひとりの状況に対応した教育」という基本を貫きながら進化し続けます。特に学習面では、一人1台のタブレット端末を最大限に活用した、知能・技能の獲得、思考力・判断力・表現力の伸長を目指す取り組みのさらなる充実化を図り、新しい大学入試に対応していきたいという思いがあります。また将来的には、個別最適化された教材に基づく学習、アダプティブ・ラーニングが可能となり、教育の個別化が進むと思われますが、本校においてもその実践に向けての試行を繰り返し、一人ひとりに寄り添って、弱点の克服や実力の伸長を図っていきたいと考えています。

これまでと同様にこれからも、教育ニーズの変化を敏感にとらえ素早く対応するとともに、その過程においても変わることなく、一人ひとりの将来を総合的に見越して「人間的な成長」を見守り、あらゆることに果敢に挑戦する態度を養う学校であり続けたいと思っています。

理事長・校長 牛見 正彦