教育の特色・取り組み

自分らしく、力強く、
未来を描きたい君へ。

野田学園の最大の特徴は、希望進路の実現とグローバル社会での活躍、両方を見据えた教育にあります。ICT機器を使いながら目標に応じた学び・体験が得られる先進的なカリキュラムのもと、大学受験と今後の社会で必要な学力・素養を育みます。

野田学園の教育「2つの特色」

進路実現をかなえる
独自のカリキュラム

医進コース・探究コースでは、2024年度開始予定の「新高等学校学習指導要領」に準拠した大学入学共通テストやグローバル社会を見据え、目標に応じた系統的カリキュラムを編成しています。中学から大学入試をふまえた授業を展開していること、6学年が触れ合える環境であることから、早期より進路実現に対する意識・意欲を高められます。

充実のICT環境を
最大限に活用

いずれのコースにおいても、個人用タブレットと教室に完備したICT機器を積極的に活用しています。特にそれらを使ったアクティブラーニングやオンライン英会話を通じて、自ら考える力や主体的に行動する力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、国際感覚など、次代に求められるさまざまな力を磨くことができます。

先輩・先生の声

グループワークにより積極性が身につき、ICT機器の活用により学習内容の理解度がアップしました。

在学生

一貫部 4年

野田学園の特徴の一つは、グループワークが多いこと。自分の意見を言う姿勢が身につき、周りの意見を取り入れて新たな案を出せるようにもなりました。その経験を積み重ねることで、大勢の前で発表することにも慣れてきたように思います。授業ではICT機器をよく使いますが、印象に残っているのは理科の実験後の発表です。「動画や文章でいかにわかりやすく伝えるか」を試行錯誤することを通じて、内容をより深く理解することができました。

生徒が自ら考え定めた目標を実現できるよう、“伴走者”として支え、
“ゆっくり じっくり 伸ばす”野田学園ならではの教育を実践。

教員

宮 正史 先生

一貫部部長

2コース制のもと、入学時から明確な進路目標を持つ生徒、探究活動を通じて広げた興味・関心から目標を見つける生徒、それぞれの状況に応じた教育を展開しています。共通のツールであるICTは、知識量を強化と、共同学習の時間の確保とを両立できるのがメリット。日常的に活用していたことで、コロナ禍においてもオンラインの授業・保護者面談をスムーズに実施することができました。教員は“伴走者”。進路目標の達成できるよう、そして、グローバル社会で不可欠な、課題に向き合い、失敗や議論を重ねながら解決策を模索する姿勢を身につけられるよう、サポートしていきます。

ゆとりある6年間で確かな学力を育む。

12歳から18歳の生徒が同じ学園内にいるため、他の学年とのふれあいの中で自分の成長を実感したり、夢や目標について考える機会が多くあります。また、野田学園独自の教育メソッドで、多角的な学力を身につけます。

次代に不可欠な素養を養う学習環境

全ての教員が力を合わせて生徒一人ひとりの可能性を広げることに全力を尽くします。目標へたどり着くための道筋を立てられるよう誠実かつ情熱的に指導します。

自主性・主体性を身につける。

生徒の誰もが自由に活用できるスタディスペースやiRoom、相談や質問に対応したサポート室などを完備し、生徒が自主的・主体的に取り組む学習環境を整えています。

地域を学び、地域を愛する。

地域連携・地域貢献に積極的に取り組んでいます。地域の方々と触れ合うイベントや感謝を込めた学園周辺の清掃奉仕活動などを通して、地域との交流を行っています。

日本の文化を世界に伝える。

授業や様々な行事を通して日本文化への理解を深めます。また、留学生やネイティブスピーカーと触れ合うことで、日本にいながらにして国際感覚が身につきます。